NPO 特定非営利活動法人 愛知グリーンサポート

風流な風景は、風の流れと光の陰影、風光を風雅にすることが大切です。

指導: 樹木医; 塚本忠男 鈴木重蔵 板倉賢一  庭師; 牧野賢司


風流;(自然風剪定) 木々を風が流れ、枝先が揺れるしなやかな樹姿になるように心がけています

風雅;(四季) 街に、野鳥がさえずり、蝶が舞い、蝉が鳴き、トンボが飛び、虫の音が聞こえるように

風情:(様子) けしき

風光;(花見) 猫が洞のエンジュ、八竜のシデコブシ、水広の山桜、街路樹や公園樹木を愛でましょう 

風景;((快適) 街路樹・公園樹木・庭の木々の緑が、心を癒し、安全・快適でここちよい生活を演出します

風姿;(切り方) 木を美しく保つコツは、木の切り方を改良すること。木と環境の考え方とやり方を周知徹底することから

風采;(仕立て) 木は成長期から仕立てましょう。不良になってからの切詰や寸胴切では、美しくはなりません

風致;(考え方) なごや緑の基本計画2020、緑のまちづくり条例、なごや森づくりガイドライン等を読みましょう

風土;(郷土種) この土地の樹木を増やし、外来種トウネズミモチ、シュロを伐りましょう。山吹町には一重山吹を

風物;(落ち葉) 枯れ葉は土に落ちれば風物。アスファルトに落ちるとごみ。落ち葉拾いは生活の楽しみです

風格;(根張り) 木は根で生きています。木の幅の地面が、健全に生きるには必要です。まず根を見ましょう

風月;(楽しき) 昔の夜の楽しみは、月光の陰影、風のささやき、虫たちの鳴き声

---------------------------------------------------------------------------------------------

●剪定は、枝先が風になびくしなやかさを大切に、自然風透かし剪定をします。

太芽を切り小芽を残す。枝先を二股に十手形で伸ばし、小枝先端は切り戻さず。

1988年の、緑・花・祭。なごや’88(第6回全国都市緑化フェア)を思い出し、一句 「ケヤキ言う裸一貫やり直し」

--

  inserted by FC2 system